Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第1次山縣内閣(だいいちじやまがたないかく)は、内務大臣・陸軍中将・監軍の山縣有朋が第3代内閣総理大臣に任命され、1889年(明治22年)12月24日から1891年(明治24年)5月6日まで続いた日本の内閣である。1890年(明治23年)11月29日に大日本帝国憲法が施行されたため、この内閣の在任時に日本で議会制度(帝国議会)が開始された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 292824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57082520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第1次山縣内閣(だいいちじやまがたないかく)は、内務大臣・陸軍中将・監軍の山縣有朋が第3代内閣総理大臣に任命され、1889年(明治22年)12月24日から1891年(明治24年)5月6日まで続いた日本の内閣である。1890年(明治23年)11月29日に大日本帝国憲法が施行されたため、この内閣の在任時に日本で議会制度(帝国議会)が開始された。
rdfs:label
  • 第1次山縣内閣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:内閣 of
is foaf:primaryTopic of