Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第二水俣病(だいにみなまたびょう)とは、日本の化学工業会社である昭和電工の廃液によって引き起こされた、1965年(昭和40年)に確認された四大公害病のひとつ。熊本県の水俣病と同様の症状が確認されたためにこの名がある。新潟県阿賀野川下流域で患者が発生した事から「新潟水俣病」や「阿賀野川有機水銀中毒」とも呼ばれる。四大公害では最も発生は遅かったが、訴訟は最も早く提起された。その後、未認定患者による第二次訴訟、2004年の水俣病関西訴訟最高裁判決を受けて2007年に提起された第三次訴訟と、主なものだけで3つの裁判が起こされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 88721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57724873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:barwidth
  • 160 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right
prop-ja:left
prop-ja:right
  • 生産量(トン)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 昭和電工鹿瀬工場のアセトアルデヒド生産量の推移
prop-ja:titlebar
  • 表の題名部分の色(任意入力、デフォルトは白)
prop-ja:width
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第二水俣病(だいにみなまたびょう)とは、日本の化学工業会社である昭和電工の廃液によって引き起こされた、1965年(昭和40年)に確認された四大公害病のひとつ。熊本県の水俣病と同様の症状が確認されたためにこの名がある。新潟県阿賀野川下流域で患者が発生した事から「新潟水俣病」や「阿賀野川有機水銀中毒」とも呼ばれる。四大公害では最も発生は遅かったが、訴訟は最も早く提起された。その後、未認定患者による第二次訴訟、2004年の水俣病関西訴訟最高裁判決を受けて2007年に提起された第三次訴訟と、主なものだけで3つの裁判が起こされている。
rdfs:label
  • 第二水俣病
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of