Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第二次日韓協約(だいにじにっかんきょうやく)は、日露戦争終結後の1905年(明治38)11月17日に大日本帝国と大韓帝国が締結した協約。これにより大韓帝国の外交権はほぼ大日本帝国に接収されることとなり、事実上保護国となった。日韓保護条約ともいい、乙巳年に締結したという意味で乙巳條約、乙巳五條約、乙巳保護条約とも。締結当時の正式名称は日韓交渉条約であった。大日本帝国側代表は特命全権公使林権助、大韓帝国側代表は外部大臣朴斉純。1965年、本条約は日韓国交を正常化する日韓基本条約の第2条で「もはや無効」であることが確認された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 41667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58938098 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキソース
  • 第二次日韓協約
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
prop-ja:画像
  • Jeongdong19.jpg
prop-ja:署名
  • --11-17
prop-ja:言語
prop-ja:通称
  • 第二次日韓協約、乙巳条約
prop-ja:題名
  • 日韓交渉条約
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第二次日韓協約(だいにじにっかんきょうやく)は、日露戦争終結後の1905年(明治38)11月17日に大日本帝国と大韓帝国が締結した協約。これにより大韓帝国の外交権はほぼ大日本帝国に接収されることとなり、事実上保護国となった。日韓保護条約ともいい、乙巳年に締結したという意味で乙巳條約、乙巳五條約、乙巳保護条約とも。締結当時の正式名称は日韓交渉条約であった。大日本帝国側代表は特命全権公使林権助、大韓帝国側代表は外部大臣朴斉純。1965年、本条約は日韓国交を正常化する日韓基本条約の第2条で「もはや無効」であることが確認された。
rdfs:label
  • 第二次日韓協約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of