Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1995年-1996年台湾海峡危機又は1996年台湾危機とも呼ばれる第三次台湾海峡危機は、1995年7月21日から1996年3月23日まで台湾海峡を含む中華民国周辺海域で中華人民共和国が行った一連のミサイル試験の影響であった。1995年半ばから後半にかけて発射された最初のミサイルは、一つの中国から中華人民共和国外交政策を引き離すものと見られていた李登輝の下の中華民国政府に対する強力な信号を送ろうとしたものと見られている。第二波のミサイルは、1996年初めに発射され、1996年中華民国総統選挙への準備段階の台湾総統選挙に対する脅迫の意図があると見られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3027333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58031155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 台湾海峡
prop-ja:col
  • --03-08
  • --03-12
  • --03-18
prop-ja:combatant
  • 中華民国国軍
  • 第7艦隊
  • 中国人民解放軍海軍、中国人民解放軍陸軍、中国人民解放軍第二砲兵部隊
prop-ja:commander
  • ビル・クリントン
  • 李登輝
  • 江沢民
  • 遅浩田
prop-ja:conflict
  • 第三次台湾海峡危機
prop-ja:date
  • --07-21
prop-ja:place
  • 台湾海峡
prop-ja:result
  • 停戦
prop-ja:units
  • パトリオットミサイル、ホーク、F-5、F-CK-1、F-104、ノックス級フリゲート、オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート他
  • CV-62、ニミッツ、バンカー・ヒル他
  • DF-15、J-7、J-8他
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1995年-1996年台湾海峡危機又は1996年台湾危機とも呼ばれる第三次台湾海峡危機は、1995年7月21日から1996年3月23日まで台湾海峡を含む中華民国周辺海域で中華人民共和国が行った一連のミサイル試験の影響であった。1995年半ばから後半にかけて発射された最初のミサイルは、一つの中国から中華人民共和国外交政策を引き離すものと見られていた李登輝の下の中華民国政府に対する強力な信号を送ろうとしたものと見られている。第二波のミサイルは、1996年初めに発射され、1996年中華民国総統選挙への準備段階の台湾総統選挙に対する脅迫の意図があると見られた。
rdfs:label
  • 第三次台湾海峡危機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of