Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本項では、有機化学における重要な酸化反応である第一級アルコールからカルボン酸への酸化(だいいっきゅうアルコールからカルボンさんへのさんか)について記述する。第一級アルコールをカルボン酸に変換すると、末端炭素原子の酸化数は4に増加する。酸化剤によってこの操作を有機分子に対して行うことができるが、酸化に対して敏感な官能基がある場合そちらも酸化されてしまうため、選択制が重要となる。一般的な酸化剤には過マンガン酸カリウム (KMnO4)、ジョーンズ試薬、DMF中のPDC、四酸化ルテニウム (RuO4) およびTEMPOなどがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2445285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47492102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本項では、有機化学における重要な酸化反応である第一級アルコールからカルボン酸への酸化(だいいっきゅうアルコールからカルボンさんへのさんか)について記述する。第一級アルコールをカルボン酸に変換すると、末端炭素原子の酸化数は4に増加する。酸化剤によってこの操作を有機分子に対して行うことができるが、酸化に対して敏感な官能基がある場合そちらも酸化されてしまうため、選択制が重要となる。一般的な酸化剤には過マンガン酸カリウム (KMnO4)、ジョーンズ試薬、DMF中のPDC、四酸化ルテニウム (RuO4) およびTEMPOなどがある。
rdfs:label
  • 第一級アルコールからカルボン酸への酸化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of