Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 符号理論(ふごうりろん、英: Coding theory)は、情報を符号化して通信を行う際の効率と信頼性についての理論である。数学や情報理論と深く関わっている。また、符号の特性についても研究し、特定の用途に適した符号体系を作るのに使われる。符号は以下の2種類に分けられる。 情報源符号(データ圧縮: コンパクト符号など) 伝送路符号(誤り検出訂正: ブロック符号、畳み込み符号、前方誤り訂正(FEC)、など)情報源符号化は、情報源で転送前のデータをより効率的に圧縮することを目指す。この成果はインターネット上でのデータ圧縮形式としてよく見かける。伝送路符号化は、余分なデータビット(冗長ビット)を付与することで、通信路上に存在する雑音などの障害への耐性を強化する。この技術はあまり目立たないが、例えば音楽CDではリード・ソロモン符号を使って傷や埃による誤りを訂正している。この場合の通信路はCD自体である。携帯電話も高周波転送におけるノイズや減衰による誤りを検出訂正する技術を使っている。一般にデジタル信号による通信には、必ず何らかの誤り検出訂正技術が使われている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 10929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5186 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57693530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 符号理論(ふごうりろん、英: Coding theory)は、情報を符号化して通信を行う際の効率と信頼性についての理論である。数学や情報理論と深く関わっている。また、符号の特性についても研究し、特定の用途に適した符号体系を作るのに使われる。符号は以下の2種類に分けられる。 情報源符号(データ圧縮: コンパクト符号など) 伝送路符号(誤り検出訂正: ブロック符号、畳み込み符号、前方誤り訂正(FEC)、など)情報源符号化は、情報源で転送前のデータをより効率的に圧縮することを目指す。この成果はインターネット上でのデータ圧縮形式としてよく見かける。伝送路符号化は、余分なデータビット(冗長ビット)を付与することで、通信路上に存在する雑音などの障害への耐性を強化する。この技術はあまり目立たないが、例えば音楽CDではリード・ソロモン符号を使って傷や埃による誤りを訂正している。この場合の通信路はCD自体である。携帯電話も高周波転送におけるノイズや減衰による誤りを検出訂正する技術を使っている。一般にデジタル信号による通信には、必ず何らかの誤り検出訂正技術が使われている。
rdfs:label
  • 符号理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of