Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 笞打(ちだ、むちうち)は、江戸時代に行われた拷問としての鞭打である。正規の拷問とは区別されて牢問(ろうどい)または責問(せめどい)と呼ばれ、正規拷問の前段階として、罪を認めない未決囚に最初に施された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 317998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49138483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 笞打(ちだ、むちうち)は、江戸時代に行われた拷問としての鞭打である。正規の拷問とは区別されて牢問(ろうどい)または責問(せめどい)と呼ばれ、正規拷問の前段階として、罪を認めない未決囚に最初に施された。
rdfs:label
  • 笞打
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of