Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 竹部(ちくぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では118番目に置かれる(6画の最初、未集の最初)。「竹」字はイネ科の多年生常緑草本植物である竹を意味し、その葉が垂れる様子に象る。引伸して竹製管楽器(八音の一つ)・竹簡を意味する。偏旁の意符としては竹や竹製品に関することを示す。このとき「竹」は上の冠の位置に置かれる。1口に竹といっても、その品種は多い。また竹は身近な材料として用途が広く、農具・漁具・容器・食器・文具・計算器具・武器・楽器など多岐に渡る。このため竹を構成要素とする漢字数は多い。竹部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1040017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47491436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 竹部(ちくぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では118番目に置かれる(6画の最初、未集の最初)。「竹」字はイネ科の多年生常緑草本植物である竹を意味し、その葉が垂れる様子に象る。引伸して竹製管楽器(八音の一つ)・竹簡を意味する。偏旁の意符としては竹や竹製品に関することを示す。このとき「竹」は上の冠の位置に置かれる。1口に竹といっても、その品種は多い。また竹は身近な材料として用途が広く、農具・漁具・容器・食器・文具・計算器具・武器・楽器など多岐に渡る。このため竹を構成要素とする漢字数は多い。竹部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。
rdfs:label
  • 竹部
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of