Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 競走馬(きょうそうば)は、競走用に改良された馬。競馬の競走に用いられる馬の総称。以下、競走馬に関するさまざまな事柄に関して記述する。なお、競走馬の血統や配合に関する事柄については、競走馬の血統を参照のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 68871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59041756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 一般に、胴が短く筋肉質な大型馬にスプリンターの適性があると言われる。逃げ馬が前残りで勝利することもままあるため、おとなしい従順な馬よりもスタートから追っていけるような気性の荒い馬に適性があるとも言われている。また、他のカテゴリよりも瞬発力が豊富に要求される傾向にある。
  • 一般に、障害を飛越する能力の高い馬は障害競走の適性を持つといえる。
  • 一般に、胴が長くすらりとした小型の馬がステイヤーとしての適性を持っていると言われる。長距離レースを勝つためにはペース配分が重要であるため、騎手に逆らって暴走することがあるような気の荒い馬は少なく、素直でおとなしい気性の馬が多い。スタートで大きく出遅れることが多い馬は、出遅れを挽回できる長距離レースでないと極端に不利となることが多い。ただし、レース中の不利を回避するため、わざと若干出遅れて勝利するという希少例も存在する。
  • スピード能力に優れるが、不適性の2000m以上の距離になると最後に失速する競走馬が多い。また、燃えすぎる気性が災いして距離適性が短くなるケースもある。ただし、馬の地力やレース展開・騎手の騎乗技術でカバーできることがある。逆に、スプリンターのようなスタートダッシュで走っていては逃げつぶれてしまうので、1400m以下のレースでは見せ場なく終わってしまうこともある。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 競走馬(きょうそうば)は、競走用に改良された馬。競馬の競走に用いられる馬の総称。以下、競走馬に関するさまざまな事柄に関して記述する。なお、競走馬の血統や配合に関する事柄については、競走馬の血統を参照のこと。
rdfs:label
  • 競走馬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of