Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 立川 三光(たてかわ さんこう)は、上方落語の名跡。作家の香川登志緒によると江戸(東京)の立川一派と混乱を避けるため「たちかわ」と呼んでいたという(立川文庫がその例)。なお、落語家の享号は先祖を辿るとみな同じで「親戚」関係にあることが多いが、江戸の立川と上方の立川は親戚関係はないらしく、上方を「たちかわ」と読んだのは単なる区別のためだけではないと思われる(香川登志緒と思われる人物が広報誌で同様の発言している)。上方立川一派は、幕末から明治期にかけて隆盛を誇ったが、その後衰微したため、現存する記録、史料は極めて少ない。『落語系圖』には3代目まで記載されているが代々疑問点が多く安政頃と思われる見立番付には立川三玉齋と三光この頃に初代は三玉齋と改名したと推測される、故に幕末にはすでに代替している可能性もある。尚『落語系圖』立川流祖について詳しく伝えておりそれによれば、立川伴五郎いう役者の子に三五郎という人物があり、この人が立川の家元で芝居噺の名人であったという。「四谷怪談」など幽霊物の元祖といわれ、道具入りの芝居噺として、角座・中座でも興行したというが、歌舞伎の資料の面からしても非常に疑問点が多い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1118203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47127903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 立川 三光(たてかわ さんこう)は、上方落語の名跡。作家の香川登志緒によると江戸(東京)の立川一派と混乱を避けるため「たちかわ」と呼んでいたという(立川文庫がその例)。なお、落語家の享号は先祖を辿るとみな同じで「親戚」関係にあることが多いが、江戸の立川と上方の立川は親戚関係はないらしく、上方を「たちかわ」と読んだのは単なる区別のためだけではないと思われる(香川登志緒と思われる人物が広報誌で同様の発言している)。上方立川一派は、幕末から明治期にかけて隆盛を誇ったが、その後衰微したため、現存する記録、史料は極めて少ない。『落語系圖』には3代目まで記載されているが代々疑問点が多く安政頃と思われる見立番付には立川三玉齋と三光この頃に初代は三玉齋と改名したと推測される、故に幕末にはすでに代替している可能性もある。尚『落語系圖』立川流祖について詳しく伝えておりそれによれば、立川伴五郎いう役者の子に三五郎という人物があり、この人が立川の家元で芝居噺の名人であったという。「四谷怪談」など幽霊物の元祖といわれ、道具入りの芝居噺として、角座・中座でも興行したというが、歌舞伎の資料の面からしても非常に疑問点が多い。
rdfs:label
  • 立川三光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of