Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 窪田 僚(くぼた りょう、1952年6月7日 - )は、北海道札幌市出身の小説家、コピーライター。北海道大学工学部建築学科卒業、経済学部中退。1976年、雑誌ビックリハウスが主催した第一回エンピツ賞で入選する。主に集英社コバルト文庫や角川スニーカー文庫でジュブナイル小説を執筆。学習研究社から出版されていたアイドル雑誌「Momoco」のグラビアページには長年コピーを書いていた。小説家としてのデビュー作である「ヘッドフォン・ララバイ」は当時評判となり、シブがき隊の主演で映画化された。さらに「大人になりたい」はタレント・かとうれいこの主演デビュー作として映画化されている。ジュニア向け小説家だったが、その後ディズニー作品のノベライズ・絵本化などを手掛ける絵本作家に転進。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54861917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 窪田 僚(くぼた りょう、1952年6月7日 - )は、北海道札幌市出身の小説家、コピーライター。北海道大学工学部建築学科卒業、経済学部中退。1976年、雑誌ビックリハウスが主催した第一回エンピツ賞で入選する。主に集英社コバルト文庫や角川スニーカー文庫でジュブナイル小説を執筆。学習研究社から出版されていたアイドル雑誌「Momoco」のグラビアページには長年コピーを書いていた。小説家としてのデビュー作である「ヘッドフォン・ララバイ」は当時評判となり、シブがき隊の主演で映画化された。さらに「大人になりたい」はタレント・かとうれいこの主演デビュー作として映画化されている。ジュニア向け小説家だったが、その後ディズニー作品のノベライズ・絵本化などを手掛ける絵本作家に転進。
rdfs:label
  • 窪田僚
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of