Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 突然変異(とつぜんへんい)とは、ある集団の大多数の形質と異なる形質を持つようになること。英語やドイツ語ではそれぞれミューテーション (Mutation) 、ムタチオン(Mutation)、と呼び、この語は「変化」を意味するラテン語に由来する。DNAあるいはRNA上の塩基配列に物理的変化が生じることを遺伝子突然変異といい、染色体の数や構造に変化が生じることを染色体突然変異という。突然変異の結果遺伝情報にも変化が表れる。このような変異の結果、表現型に変異が生じた細胞または個体を突然変異体(ミュータント、 英: mutant)と呼び、変異を起こす物理的・化学的な要因を変異原(ミュータゲン、 英: mutagen)という。個体レベルでは発ガンや機能不全などの原因となり、長い目で見ると進化の原動力ともなっている。多細胞生物の場合は、変異が進化の原動力となるのは生殖細胞に起こり子孫に伝えられた場合に限られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 69001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55455151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 突然変異(とつぜんへんい)とは、ある集団の大多数の形質と異なる形質を持つようになること。英語やドイツ語ではそれぞれミューテーション (Mutation) 、ムタチオン(Mutation)、と呼び、この語は「変化」を意味するラテン語に由来する。DNAあるいはRNA上の塩基配列に物理的変化が生じることを遺伝子突然変異といい、染色体の数や構造に変化が生じることを染色体突然変異という。突然変異の結果遺伝情報にも変化が表れる。このような変異の結果、表現型に変異が生じた細胞または個体を突然変異体(ミュータント、 英: mutant)と呼び、変異を起こす物理的・化学的な要因を変異原(ミュータゲン、 英: mutagen)という。個体レベルでは発ガンや機能不全などの原因となり、長い目で見ると進化の原動力ともなっている。多細胞生物の場合は、変異が進化の原動力となるのは生殖細胞に起こり子孫に伝えられた場合に限られる。
rdfs:label
  • 突然変異
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:nickname of
is foaf:primaryTopic of