Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 空間(くうかん)とは、(日常の用語)物体が存在しない、相当に広がりのある部分。あいている所。「ビル街の空間」「生活空間」のように用いる。(哲学)時間と共に物質界を成立させる基礎形式。アリストテレスなどに古代ギリシアの思想では、個々の物が占有する場所(トポス)である。カントは空間を時間とともに人間精神の直観形式だとする立場を呈示した。(物理)ニュートンは、空間を3次元のユークリッド空間、すなわち、3方向に無限に拡がる均質なもので、物質の存在から独立した空虚な容器のようなものとし、やはり均質に空間や物質とは切り離されて存在する時間がある(いわゆる「絶対空間」と「絶対時間」)、という大前提のもとにニュートン力学を記述した。 アインシュタインの特殊相対性理論では、空間と時間はミンコフスキー時空という一体のものとして記述され、さらに一般相対性理論では、物質(質量)の存在により「曲がる」4次元リーマン空間として記述された。現代の物理学では、空間とは宇宙の構造を記述するものである。→#自然哲学における空間、#物理学における空間。(数学)ユークリッド空間。あるいは集合に幾何学的構造を併せて考えたもの。→#数学における空間、空間 (数学)哲学、物理学、数学、地理学、社会学、等々において用いられており、意味・説明は分野ごとに異なるので、それぞれ説明する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58297021 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 空間(くうかん)とは、(日常の用語)物体が存在しない、相当に広がりのある部分。あいている所。「ビル街の空間」「生活空間」のように用いる。(哲学)時間と共に物質界を成立させる基礎形式。アリストテレスなどに古代ギリシアの思想では、個々の物が占有する場所(トポス)である。カントは空間を時間とともに人間精神の直観形式だとする立場を呈示した。(物理)ニュートンは、空間を3次元のユークリッド空間、すなわち、3方向に無限に拡がる均質なもので、物質の存在から独立した空虚な容器のようなものとし、やはり均質に空間や物質とは切り離されて存在する時間がある(いわゆる「絶対空間」と「絶対時間」)、という大前提のもとにニュートン力学を記述した。 アインシュタインの特殊相対性理論では、空間と時間はミンコフスキー時空という一体のものとして記述され、さらに一般相対性理論では、物質(質量)の存在により「曲がる」4次元リーマン空間として記述された。現代の物理学では、空間とは宇宙の構造を記述するものである。→#自然哲学における空間、#物理学における空間。(数学)ユークリッド空間。あるいは集合に幾何学的構造を併せて考えたもの。→#数学における空間、空間 (数学)哲学、物理学、数学、地理学、社会学、等々において用いられており、意味・説明は分野ごとに異なるので、それぞれ説明する。
rdfs:label
  • 空間
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of