Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 空気膜造形(くうきまくぞうけい)とはエア造形とも呼び、空気で膨らませて形状を維持する造形である。おもに、巨大なキャラクターモニュメントに用いられる造形手法。材質は薄くて柔らかく気密性の高い布地やビニールなどが使われる。造形を成立させる原理は、膜材質で立体状に形成された内部が空洞の構造物に、空気などの気体を充填して内部の気圧を外気圧よりわずかに高めて表面の膜材質を張り詰め、内部に骨組みやフレーム等の支え無しで大きなサイズの立体形状を気圧差のみで構成および維持するといった空気膜構造。内部の気圧を維持する方法として、常時送風式と密閉式がある。東京ドームに代表されるエアドーム・子供が飛び跳ねて遊べるエア遊具などは常時送風式であり、風船・浮き輪・アドバルーンなどは密閉式である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1827109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55993109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 空気膜造形(くうきまくぞうけい)とはエア造形とも呼び、空気で膨らませて形状を維持する造形である。おもに、巨大なキャラクターモニュメントに用いられる造形手法。材質は薄くて柔らかく気密性の高い布地やビニールなどが使われる。造形を成立させる原理は、膜材質で立体状に形成された内部が空洞の構造物に、空気などの気体を充填して内部の気圧を外気圧よりわずかに高めて表面の膜材質を張り詰め、内部に骨組みやフレーム等の支え無しで大きなサイズの立体形状を気圧差のみで構成および維持するといった空気膜構造。内部の気圧を維持する方法として、常時送風式と密閉式がある。東京ドームに代表されるエアドーム・子供が飛び跳ねて遊べるエア遊具などは常時送風式であり、風船・浮き輪・アドバルーンなどは密閉式である。
rdfs:label
  • 空気膜造形
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of