Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 稲荷塚古墳群(いなりづかこふんぐん)は、埼玉県川島町にある古墳群。市野川の自然堤防上、下小見野地区に形成された。かつては十数基の古墳が所在したと伝えられている。現在、稲荷塚古墳ただ1基が現存し、稲荷塚古墳も墳丘の3分の2は削平されている。1951年(昭和26年)に周溝と見られる箇所から馬型埴輪の破片が出土した。1969年(昭和44年)10月1日、埼玉県選定重要遺跡に指定された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2838071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53456033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 稲荷塚古墳群(いなりづかこふんぐん)は、埼玉県川島町にある古墳群。市野川の自然堤防上、下小見野地区に形成された。かつては十数基の古墳が所在したと伝えられている。現在、稲荷塚古墳ただ1基が現存し、稲荷塚古墳も墳丘の3分の2は削平されている。1951年(昭和26年)に周溝と見られる箇所から馬型埴輪の破片が出土した。1969年(昭和44年)10月1日、埼玉県選定重要遺跡に指定された。
rdfs:label
  • 稲荷塚古墳群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of