Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 稲作(いなさく)とは、イネ(稲)を栽培することである。主に米を得るため、北緯50°から南緯35°の範囲にある世界各地域で稲作が行われている。現在では、米生産の約90%をアジアが占め、アジア以外では南アメリカのブラジルやコロンビア、アフリカのエジプトやセネガルでも稲作が行われている。稲の栽培には水田や畑が利用され、それぞれの環境や需要にあった品種が用られる。水田での栽培は水稲(すいとう)、畑地の栽培は陸稲(りくとう、おかぼ)とよばれる。収穫後の稲からは、米、米糠(ぬか)、籾殻(もみがら)、藁(わら)がとれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59161215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 稲作(いなさく)とは、イネ(稲)を栽培することである。主に米を得るため、北緯50°から南緯35°の範囲にある世界各地域で稲作が行われている。現在では、米生産の約90%をアジアが占め、アジア以外では南アメリカのブラジルやコロンビア、アフリカのエジプトやセネガルでも稲作が行われている。稲の栽培には水田や畑が利用され、それぞれの環境や需要にあった品種が用られる。水田での栽培は水稲(すいとう)、畑地の栽培は陸稲(りくとう、おかぼ)とよばれる。収穫後の稲からは、米、米糠(ぬか)、籾殻(もみがら)、藁(わら)がとれる。
rdfs:label
  • 稲作
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of