Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 秦朝(しんちょう)は紀元前221年から206年まで存在した中国最初の王朝であった。この王朝は秦により他の六国を征服すると建国され、建国した皇帝は、始皇帝として知られている。秦は現在の甘粛省や陝西省の秦の拠点に由来した。秦の強さは、戦国時代の紀元前4世紀の商鞅の法家改革により大いに高められた。紀元前3世紀中葉と後半に、秦は一連の迅速な征服を成し遂げ、初めて弱体化した周を終わらせ、結局戦国七雄の六国を征服して全中国を支配した。中国支配で秦は強大な軍備を支持できる高度に形作られた権力と安定した経済により統一された帝国を創造することを試みた。秦の中央政府は、貴族と地主の役割を極小化し人口の絶対多数を占める農民に対する直接的な支配をし広範な労働部隊への秦の関与を認めることで支配しようとした。このことは現在万里の長城として知られる北の国境の壁のような大規模事業の建設を可能とした。秦朝は通貨や度量衡が標準化され筆記の形態の統一が行われるような数個の改革も主導した。批判を制限し古い王朝の名残は全て粛清する企図は、後世の学者に大いに批判されている悪名高い焚書坑儒へと発展した。政府は高圧的で官僚主義的であったが、秦の軍事は、最新鋭の兵器や輸送手段、戦術を用いる点で革命的でもあった。軍事的には強大であったとはいえ、秦朝は長く続かなかった。始皇帝が紀元前210年に死ぬと、息子が息子を通じて全王朝の行政に影響を及ぼし支配する企図を持って皇帝の元顧問の内の2人により皇帝に担ぎ上げられた。しかしこの顧問は二人とも死去し秦の第2代皇帝も死去することになる論争に巻き込まれた。大衆的な反乱は、2年後に発生し、弱体化した帝国は、漢の建国につながる楚の副官(劉邦)に暫くして降伏した。急速に終焉を迎えたとはいえ、秦朝は後世の帝国特に漢に影響を与え、中国の欧州名は、秦に由来すると考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 198310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58165684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:capital
prop-ja:commonLanguages
prop-ja:commonName
prop-ja:continent
  • アジア
prop-ja:conventionalLongName
prop-ja:dateEvent
  • 紀元前210年
prop-ja:deputy
prop-ja:era
  • 帝政
prop-ja:event
prop-ja:eventEnd
prop-ja:governmentType
  • 帝政
prop-ja:imageMap
  • Qin empire 210 BCE.png
prop-ja:imageMapCaption
  • 秦:Circa 紀元前210年
prop-ja:leader
prop-ja:p
prop-ja:quote
  • 世界の縦糸と横糸は、暗闇に落ちる。
  • 「7つの起源」と「開花の始まり」の音楽は
  • 浄化された思想は密かに成長し静止し、
  • 精霊は祝宴とお祭り騒ぎにやってくる。
  • あらゆる方向に高く浮かびながら、
  • 人間の感性を浄化し精製する。
  • 光沢のある事件は終わる。
  • 従って人は殆ど聞くことができ
  • 旗と川蝉の横断幕の主。
  • 曇は薄暮である。
  • 突然精霊は暗闇に乗じ、
  • 精霊は音楽の諸諸に追い払われ、
  • 芳香は羽毛の森であり、
  • 調和のとれた音として詠唱される。
  • 金属は上品に咲き誇り、
  • 音楽は玄関と宮廷を満たしている。
prop-ja:region
  • 東アジア
prop-ja:religion
prop-ja:s
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:size
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:source
  • 漢書, p. 1046
prop-ja:statPop
  • 20000000 (xsd:integer)
prop-ja:statYear
  • 紀元前210年
prop-ja:status
  • 帝国
prop-ja:title
prop-ja:titleDeputy
prop-ja:titleLeader
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearDeputy
  • 紀元前208年 – 紀元前207年
  • 紀元前221年 – 紀元前208年
prop-ja:yearEnd
  • 紀元前206年
prop-ja:yearLeader
  • 紀元前210年 – 紀元前207年
  • 紀元前221年 – 紀元前210年
prop-ja:yearStart
  • 紀元前221年
prop-ja:years
  • 紀元前221年–紀元前206年
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 秦朝(しんちょう)は紀元前221年から206年まで存在した中国最初の王朝であった。この王朝は秦により他の六国を征服すると建国され、建国した皇帝は、始皇帝として知られている。秦は現在の甘粛省や陝西省の秦の拠点に由来した。秦の強さは、戦国時代の紀元前4世紀の商鞅の法家改革により大いに高められた。紀元前3世紀中葉と後半に、秦は一連の迅速な征服を成し遂げ、初めて弱体化した周を終わらせ、結局戦国七雄の六国を征服して全中国を支配した。中国支配で秦は強大な軍備を支持できる高度に形作られた権力と安定した経済により統一された帝国を創造することを試みた。秦の中央政府は、貴族と地主の役割を極小化し人口の絶対多数を占める農民に対する直接的な支配をし広範な労働部隊への秦の関与を認めることで支配しようとした。このことは現在万里の長城として知られる北の国境の壁のような大規模事業の建設を可能とした。秦朝は通貨や度量衡が標準化され筆記の形態の統一が行われるような数個の改革も主導した。批判を制限し古い王朝の名残は全て粛清する企図は、後世の学者に大いに批判されている悪名高い焚書坑儒へと発展した。政府は高圧的で官僚主義的であったが、秦の軍事は、最新鋭の兵器や輸送手段、戦術を用いる点で革命的でもあった。軍事的には強大であったとはいえ、秦朝は長く続かなかった。始皇帝が紀元前210年に死ぬと、息子が息子を通じて全王朝の行政に影響を及ぼし支配する企図を持って皇帝の元顧問の内の2人により皇帝に担ぎ上げられた。しかしこの顧問は二人とも死去し秦の第2代皇帝も死去することになる論争に巻き込まれた。大衆的な反乱は、2年後に発生し、弱体化した帝国は、漢の建国につながる楚の副官(劉邦)に暫くして降伏した。急速に終焉を迎えたとはいえ、秦朝は後世の帝国特に漢に影響を与え、中国の欧州名は、秦に由来すると考えられている。
rdfs:label
  • 秦朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of