Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 科学的発展観(かがくてきはってんかん、中: 科学发展观、科学発展観) とは、中国共産党の指導原理の一つである。2003年7月28日に胡錦濤党総書記が初めて発表した。2007年10月の中国共産党第十七回全国代表大会で党の「主要方針」として党規約に明記されることが決定された。更に2012年11月の第18回中国共産党大会で、党の「行動指針」へ格上げされて従来のマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、三つの代表の4理念と並ぶ方針が表明された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2518881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56061468 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 科学的発展観(かがくてきはってんかん、中: 科学发展观、科学発展観) とは、中国共産党の指導原理の一つである。2003年7月28日に胡錦濤党総書記が初めて発表した。2007年10月の中国共産党第十七回全国代表大会で党の「主要方針」として党規約に明記されることが決定された。更に2012年11月の第18回中国共産党大会で、党の「行動指針」へ格上げされて従来のマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、三つの代表の4理念と並ぶ方針が表明された。
rdfs:label
  • 科学的発展観
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is foaf:primaryTopic of