Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 福音新報 (ふくいんしんぽう)は、植村正久が創刊した週刊伝道誌である。日本基督教会の機関紙であった。執筆者に佐波亘、青芳勝久、柏井園など。 1893年植村正久は『福音新報』127号で田村直臣の『日本の花嫁』を激しく批判した。 1901年9月『福音新報』に、植村が「福音同盟会と大挙伝道」を発表し、日本組合基督教会の指導者海老名弾正と植村の間に、植村・海老名キリスト論論争が起こった。後に教団新報と名前を代え日本基督教団の機関紙としての役割を果たし、富田満らの動向を伝えている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1286060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48106810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 福音新報 (ふくいんしんぽう)は、植村正久が創刊した週刊伝道誌である。日本基督教会の機関紙であった。執筆者に佐波亘、青芳勝久、柏井園など。 1893年植村正久は『福音新報』127号で田村直臣の『日本の花嫁』を激しく批判した。 1901年9月『福音新報』に、植村が「福音同盟会と大挙伝道」を発表し、日本組合基督教会の指導者海老名弾正と植村の間に、植村・海老名キリスト論論争が起こった。後に教団新報と名前を代え日本基督教団の機関紙としての役割を果たし、富田満らの動向を伝えている。
rdfs:label
  • 福音新報
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of