Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 福田 剛久(ふくだ たかひさ、1951年5月7日 - )は、日本の裁判官。最高裁判所上席調査官、静岡地方裁判所所長、東京高等裁判所部総括判事を経て、高松高等裁判所長官。京都大学法学部卒業。山口県出身。2004年5月に犬の医療過誤裁判で、飼い主の慰謝料だけで60万円もの損害賠償を認める判決を出したことで知られる。当該判決は控訴されなかったため最高裁がこの判決を認めるかどうかは不明なままである。2012年3月27日に金井康雄裁判官が首席調査官となり福田剛久裁判官は事実上出世の道が断たれたことになる。2012年8月セクハラ訴訟の判決を1審判決から女性側に有利なように変更し、女性側を勝訴させた。タバコ訴訟の原告側に民事訴訟を起こされた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1075931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54818026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 福田 剛久(ふくだ たかひさ、1951年5月7日 - )は、日本の裁判官。最高裁判所上席調査官、静岡地方裁判所所長、東京高等裁判所部総括判事を経て、高松高等裁判所長官。京都大学法学部卒業。山口県出身。2004年5月に犬の医療過誤裁判で、飼い主の慰謝料だけで60万円もの損害賠償を認める判決を出したことで知られる。当該判決は控訴されなかったため最高裁がこの判決を認めるかどうかは不明なままである。2012年3月27日に金井康雄裁判官が首席調査官となり福田剛久裁判官は事実上出世の道が断たれたことになる。2012年8月セクハラ訴訟の判決を1審判決から女性側に有利なように変更し、女性側を勝訴させた。タバコ訴訟の原告側に民事訴訟を起こされた。
rdfs:label
  • 福田剛久
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:高裁長官 of
is foaf:primaryTopic of