Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 神聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、ラテン語: Romanorum Imperator、ドイツ語: Römisch-deutscher Kaiser、英語: Holy Roman Emperor)は、神聖ローマ帝国の君主たる皇帝を指す歴史学の用語。実際の称号は時代によって変化しており、統一された称号はない。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされた。カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張し、特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。特に後半期、国号に「ドイツ国民の」が加わったこともあり、ドイツ皇帝と呼ぶ場合もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58910358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 神聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、ラテン語: Romanorum Imperator、ドイツ語: Römisch-deutscher Kaiser、英語: Holy Roman Emperor)は、神聖ローマ帝国の君主たる皇帝を指す歴史学の用語。実際の称号は時代によって変化しており、統一された称号はない。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされた。カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張し、特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。特に後半期、国号に「ドイツ国民の」が加わったこともあり、ドイツ皇帝と呼ぶ場合もある。
rdfs:label
  • 神聖ローマ皇帝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:allegiance of
is prop-ja:titles of
is prop-ja:君主号 of
is foaf:primaryTopic of