神経(しんけい、英: nerve)は、動物に見られる組織で、情報伝達の役割を担う。日本語の「神経」は杉田玄白らが解体新書を翻訳する際、神気と経脈とを合わせた造語をあてたことに由来しており、これは現在の漢字圏でもそのまま使われている。そのため、解体新書が刊行された1774年(安永7年)以前には存在しない言葉である。

Property Value
dbo:abstract
  • 神経(しんけい、英: nerve)は、動物に見られる組織で、情報伝達の役割を担う。日本語の「神経」は杉田玄白らが解体新書を翻訳する際、神気と経脈とを合わせた造語をあてたことに由来しており、これは現在の漢字圏でもそのまま使われている。そのため、解体新書が刊行された1774年(安永7年)以前には存在しない言葉である。 (ja)
  • 神経(しんけい、英: nerve)は、動物に見られる組織で、情報伝達の役割を担う。日本語の「神経」は杉田玄白らが解体新書を翻訳する際、神気と経脈とを合わせた造語をあてたことに由来しており、これは現在の漢字圏でもそのまま使われている。そのため、解体新書が刊行された1774年(安永7年)以前には存在しない言葉である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 26047 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4303 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81410986 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 神経(しんけい、英: nerve)は、動物に見られる組織で、情報伝達の役割を担う。日本語の「神経」は杉田玄白らが解体新書を翻訳する際、神気と経脈とを合わせた造語をあてたことに由来しており、これは現在の漢字圏でもそのまま使われている。そのため、解体新書が刊行された1774年(安永7年)以前には存在しない言葉である。 (ja)
  • 神経(しんけい、英: nerve)は、動物に見られる組織で、情報伝達の役割を担う。日本語の「神経」は杉田玄白らが解体新書を翻訳する際、神気と経脈とを合わせた造語をあてたことに由来しており、これは現在の漢字圏でもそのまま使われている。そのため、解体新書が刊行された1774年(安永7年)以前には存在しない言葉である。 (ja)
rdfs:label
  • 神経 (ja)
  • 神経 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of