Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 神権政治(しんけんせいじ、ギリシア語: θεοκρατια,英語: theocracy)または神政政治(しんせいせいじ)とは、国家の政体の1種で、特定宗教を統括する組織と、国家を統治する機構が実体的に同等な場合である。対比概念は世俗主義である。語源は、古典ギリシア語で「神」を意味する、theos (θεος) と、「支配する」という意味の動詞 kratein (κρατειν) から派生した名詞 kratia (κρατια) との合成語で、「theokratia (テオクラティア) 」とは文字通りには「神による支配」である。フラウィウス・ヨセフスが初めて用いたとされる。神権政治という用語のもっとも普通の使用例は、国家の統治者(達)が、優勢な宗教の指導者(たち)と、実体的に同等な場合、つまり、国家元首なり執政官なりを宗教の指導者である教主や大神官などが兼任している場合の国家の政体である。政府の政治方針が大宗教等の教義原理と同等であるか、または非常に強く後者の影響を受けている場合、神権政体と言える。政府は、文字通り宗教統治の教庁と同じであり、最高神官あるいは教皇・教主が「神」に代わって国家を統治するのである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 268176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58647088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 神権政治(しんけんせいじ、ギリシア語: θεοκρατια,英語: theocracy)または神政政治(しんせいせいじ)とは、国家の政体の1種で、特定宗教を統括する組織と、国家を統治する機構が実体的に同等な場合である。対比概念は世俗主義である。語源は、古典ギリシア語で「神」を意味する、theos (θεος) と、「支配する」という意味の動詞 kratein (κρατειν) から派生した名詞 kratia (κρατια) との合成語で、「theokratia (テオクラティア) 」とは文字通りには「神による支配」である。フラウィウス・ヨセフスが初めて用いたとされる。神権政治という用語のもっとも普通の使用例は、国家の統治者(達)が、優勢な宗教の指導者(たち)と、実体的に同等な場合、つまり、国家元首なり執政官なりを宗教の指導者である教主や大神官などが兼任している場合の国家の政体である。政府の政治方針が大宗教等の教義原理と同等であるか、または非常に強く後者の影響を受けている場合、神権政体と言える。政府は、文字通り宗教統治の教庁と同じであり、最高神官あるいは教皇・教主が「神」に代わって国家を統治するのである。
rdfs:label
  • 神権政治
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of