Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 神智学(しんちがく)とは、通常の人間的な認識能力を超えた神秘体験や神秘的直観、神もしくは天使の啓示によって、神を体験・認識しようとするもので、ヨーロッパにおいて形成された信仰・思想である。神知学、神知論、接神論ともいう。語源的には、ギリシア語で神を意味する θεός(テオス)と叡智を意味する σοφία(ソピアー、ソフィア)の合成語 θεοσοφία, theosophia (テオソフィア、神智)に由来する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58831136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 神智学(しんちがく)とは、通常の人間的な認識能力を超えた神秘体験や神秘的直観、神もしくは天使の啓示によって、神を体験・認識しようとするもので、ヨーロッパにおいて形成された信仰・思想である。神知学、神知論、接神論ともいう。語源的には、ギリシア語で神を意味する θεός(テオス)と叡智を意味する σοφία(ソピアー、ソフィア)の合成語 θεοσοφία, theosophia (テオソフィア、神智)に由来する。
rdfs:label
  • 神智学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:orientation of
is foaf:primaryTopic of