Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会進化論(しゃかいしんかろん、英: Social Darwinism)とは、ヘーゲルやコントなどの社会の進歩についての議論をベースに、生物学において広まりつつあったさまざまな進化論をとりこんでつくられた社会理論の一種であるが、今日の英語圏では主に単なるイデオロギーとしてとらえられており、本来のダーウィンの考えからは逸脱するとの説もある。その理論は多様であり、目的論的自然観に基づく方向性のあるものから、チャールズ・ダーウィンの進化論にヒントを得て、方向性の定まっていないものまで含まれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 54732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58473428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会進化論(しゃかいしんかろん、英: Social Darwinism)とは、ヘーゲルやコントなどの社会の進歩についての議論をベースに、生物学において広まりつつあったさまざまな進化論をとりこんでつくられた社会理論の一種であるが、今日の英語圏では主に単なるイデオロギーとしてとらえられており、本来のダーウィンの考えからは逸脱するとの説もある。その理論は多様であり、目的論的自然観に基づく方向性のあるものから、チャールズ・ダーウィンの進化論にヒントを得て、方向性の定まっていないものまで含まれる。
rdfs:label
  • 社会進化論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of