Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会科学の哲学(しゃかいかがくのてつがく、英: Philosophy of social science)とは、哲学の一分野であり、社会科学を対象とする科学哲学の一分野である。社会学、政治学、人類学などの広範な社会科学分野の基礎付けに関わる哲学的考察を行う。『実証哲学講義』において「社会学」という名称の学問を初めて創造した哲学者オーギュスト・コントなどに、近代的な社会科学の哲学の起源を見出すことができる。考察対象の性質から、社会哲学や政治哲学と密接な関係を持つ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2812532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57803494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会科学の哲学(しゃかいかがくのてつがく、英: Philosophy of social science)とは、哲学の一分野であり、社会科学を対象とする科学哲学の一分野である。社会学、政治学、人類学などの広範な社会科学分野の基礎付けに関わる哲学的考察を行う。『実証哲学講義』において「社会学」という名称の学問を初めて創造した哲学者オーギュスト・コントなどに、近代的な社会科学の哲学の起源を見出すことができる。考察対象の性質から、社会哲学や政治哲学と密接な関係を持つ。
rdfs:label
  • 社会科学の哲学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of