Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会哲学(しゃかいてつがく、英語: social philosophy)は、(主として人間の)社会行動についての諸問題に関する哲学的研究である。社会哲学は広範囲にわたるいくつもの主題を扱う。例えば、個人とは何かから法の正当性まで、社会契約から革命の規範まで、日常の行為の働きから科学が文化に与える影響まで、人口動態の変化からハチの巣における集団的秩序まで、といった具合である。言語哲学と社会認識論は、いくつもの重要な点で社会哲学と共通部分のある分野である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1530531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57096886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会哲学(しゃかいてつがく、英語: social philosophy)は、(主として人間の)社会行動についての諸問題に関する哲学的研究である。社会哲学は広範囲にわたるいくつもの主題を扱う。例えば、個人とは何かから法の正当性まで、社会契約から革命の規範まで、日常の行為の働きから科学が文化に与える影響まで、人口動態の変化からハチの巣における集団的秩序まで、といった具合である。言語哲学と社会認識論は、いくつもの重要な点で社会哲学と共通部分のある分野である。
rdfs:label
  • 社会哲学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of