Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会党・別(オランダ語:Socialistische Partij Anders、略称sp.a)はベルギーの政党。オランダ語系のフラマン語圏であるフランデレン地域を基盤とする社会民主主義政党である。異なった社会党 や 別の社会党 などとも訳されるが、日本語では聞き慣れない名称であるため、社会党連合、または意訳であるが フラマン系社会党 などと表記されることが多い。副次的な党名として 社会進歩オルタナティブ(オランダ語:Sociaal Progressief Alternatief、この場合も略称はsp.aとなる)を持つ。1885年に創設された ベルギー労働党 を起源とする。第二次世界大戦後の1945年に ベルギー社会党(BSP) となり、さらに1978年にフランデレン地域の党とワロン地域の党(現在の社会党)に分割された。その後、2001年に現在の党名となった。2003年の選挙では社会自由主義政党のスピリットと政党連合を組んで下院である代議院では150議席のうち23議席を獲得して躍進し、ヒー・フェルホフスタット首相率いる連立政権に参加したが、2007年の選挙では代議院で14議席を獲得するにとどまり、大きく後退した(上院である元老院では7議席)。選挙後、イヴ・ルテルム政権には参加せず、野党となった。2010年の総選挙においては代議院で13議席を獲得した。しかし第1党となった新フラームス同盟が与党に加わらないとしたため、各党は連立政権をなかなか形成できず、政局は混迷した。結局、ワロン系社会党から党首のエリオ・ディルポが首相となるまで、535日を要した。ディルポ政権には社会党・別も参加した。ヨーロッパレベルでは欧州社会党に、世界レベルでは社会主義インターナショナルに加盟している。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:headquarter
dbpedia-owl:ideology
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2079512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49539537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウェブサイト
prop-ja:サイトタイトル
  • www.s-p-a.be
prop-ja:上院
prop-ja:上院議員定数
  • 71 (xsd:integer)
prop-ja:上院議員数
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:上院議員集計年月日
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:下院
prop-ja:下院議員定数
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:下院議員数
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:下院議員集計年月日
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:党名
  • 社会党・別
prop-ja:党首氏名
  • ブルーノ・トバック
prop-ja:党首職名
  • 党首
prop-ja:国際組織
  • 社会主義インターナショナル欧州社会党
prop-ja:成立年月日
  • 1945 (xsd:integer)
  • 1978 (xsd:integer)
  • 2001 (xsd:integer)
prop-ja:政治的思想・立場
prop-ja:本部所在地
  • ブリュッセル
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 社会党・別(オランダ語:Socialistische Partij Anders、略称sp.a)はベルギーの政党。オランダ語系のフラマン語圏であるフランデレン地域を基盤とする社会民主主義政党である。異なった社会党 や 別の社会党 などとも訳されるが、日本語では聞き慣れない名称であるため、社会党連合、または意訳であるが フラマン系社会党 などと表記されることが多い。副次的な党名として 社会進歩オルタナティブ(オランダ語:Sociaal Progressief Alternatief、この場合も略称はsp.aとなる)を持つ。1885年に創設された ベルギー労働党 を起源とする。第二次世界大戦後の1945年に ベルギー社会党(BSP) となり、さらに1978年にフランデレン地域の党とワロン地域の党(現在の社会党)に分割された。その後、2001年に現在の党名となった。2003年の選挙では社会自由主義政党のスピリットと政党連合を組んで下院である代議院では150議席のうち23議席を獲得して躍進し、ヒー・フェルホフスタット首相率いる連立政権に参加したが、2007年の選挙では代議院で14議席を獲得するにとどまり、大きく後退した(上院である元老院では7議席)。選挙後、イヴ・ルテルム政権には参加せず、野党となった。2010年の総選挙においては代議院で13議席を獲得した。しかし第1党となった新フラームス同盟が与党に加わらないとしたため、各党は連立政権をなかなか形成できず、政局は混迷した。結局、ワロン系社会党から党首のエリオ・ディルポが首相となるまで、535日を要した。ディルポ政権には社会党・別も参加した。ヨーロッパレベルでは欧州社会党に、世界レベルでは社会主義インターナショナルに加盟している。
rdfs:label
  • 社会党・別
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:最高行政執行者所属党派 of
is foaf:primaryTopic of