Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 確率論(かくりつろん、英: probability theory)とは、偶然現象に対して数学的なモデルを与え、解析する数学の一分野である。もともとサイコロ賭博といったギャンブルの研究として始まったが、現在でも保険や投資などの分野で基礎論として使われる。なお、確率の計算を問題とする分野を指して「確率論」と呼ぶ用例も見られるが、本稿では取り扱わない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 183105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57771954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 確率論(かくりつろん、英: probability theory)とは、偶然現象に対して数学的なモデルを与え、解析する数学の一分野である。もともとサイコロ賭博といったギャンブルの研究として始まったが、現在でも保険や投資などの分野で基礎論として使われる。なお、確率の計算を問題とする分野を指して「確率論」と呼ぶ用例も見られるが、本稿では取り扱わない。
rdfs:label
  • 確率論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:mainInterests of
is foaf:primaryTopic of