Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学の確率論における確率要素(かくりつようそ、英: random element)とは、単純な実数直線からより複雑な空間への、確率変数の概念の一般化である。この概念は、「確率論の発展とその応用分野の拡張は、経験の(ランダムな)結果が数や有限の集合によって表現される方法から、経験の結果が例えばベクトル、関数、過程、体、級数、変換や集合あるいは集合族を表すような方法へと移行される必要性を導いている。」という意見を残したモーリス・ルネ・フレシェによって導入された。昨今の慣例で「確率要素」を扱う際のその値の空間は位相線型空間であることが多いが、しばしば部分集合の特別な σ-代数を備えるバナッハ空間やヒルベルト空間であるとされることもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2683537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57468188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学の確率論における確率要素(かくりつようそ、英: random element)とは、単純な実数直線からより複雑な空間への、確率変数の概念の一般化である。この概念は、「確率論の発展とその応用分野の拡張は、経験の(ランダムな)結果が数や有限の集合によって表現される方法から、経験の結果が例えばベクトル、関数、過程、体、級数、変換や集合あるいは集合族を表すような方法へと移行される必要性を導いている。」という意見を残したモーリス・ルネ・フレシェによって導入された。昨今の慣例で「確率要素」を扱う際のその値の空間は位相線型空間であることが多いが、しばしば部分集合の特別な σ-代数を備えるバナッハ空間やヒルベルト空間であるとされることもある。
rdfs:label
  • 確率要素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of