Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 碧雲荘(へきうんそう)は、日本の実業家である二代目野村徳七(のむらとくしち)が、大正時代から昭和時代にかけて京都市・南禅寺付近に築造した数寄屋造りの別邸。南禅寺界隈別荘の一つ。「野村碧雲荘」とも呼ばれる。2006年12月19日、国の重要文化財に指定された。北村捨次郎らの設計による、数寄屋造りの高度な技法を凝らして作られた建築物と、近代日本庭園の先駆者である小川治兵衛とその長男、保太郎が作った美しい庭園がある。大正時代から建築が始まり、昭和3年(1928年)頃に完成した。邸園内に、酒船石遺跡の関連遺構と考えられる「出水酒船石」が移設されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1453610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58674250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 35.01347222222222 135.79236111111112
rdf:type
rdfs:comment
  • 碧雲荘(へきうんそう)は、日本の実業家である二代目野村徳七(のむらとくしち)が、大正時代から昭和時代にかけて京都市・南禅寺付近に築造した数寄屋造りの別邸。南禅寺界隈別荘の一つ。「野村碧雲荘」とも呼ばれる。2006年12月19日、国の重要文化財に指定された。北村捨次郎らの設計による、数寄屋造りの高度な技法を凝らして作られた建築物と、近代日本庭園の先駆者である小川治兵衛とその長男、保太郎が作った美しい庭園がある。大正時代から建築が始まり、昭和3年(1928年)頃に完成した。邸園内に、酒船石遺跡の関連遺構と考えられる「出水酒船石」が移設されている。
rdfs:label
  • 碧雲荘
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.013474 (xsd:float)
geo:long
  • 135.792358 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of