Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 硫酸エステル(りゅうさんエステル、Organosulfate)は、有機化学における官能基の一つで、R-O-SO2-O-Rの構造を持つ硫酸とアルコールのエステルである。硫酸ジエチルや硫酸ジメチルのようなシンプルなものはアルキル化試薬として、ラウレス硫酸マグネシウムのようなものは界面活性剤として使われている。いくつかの硫酸エステルはフェノール類のエルブス過硫酸酸化とアニリンのボイランド・シムズ酸化によって合成される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1562330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47490628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 硫酸エステル(りゅうさんエステル、Organosulfate)は、有機化学における官能基の一つで、R-O-SO2-O-Rの構造を持つ硫酸とアルコールのエステルである。硫酸ジエチルや硫酸ジメチルのようなシンプルなものはアルキル化試薬として、ラウレス硫酸マグネシウムのようなものは界面活性剤として使われている。いくつかの硫酸エステルはフェノール類のエルブス過硫酸酸化とアニリンのボイランド・シムズ酸化によって合成される。
rdfs:label
  • 硫酸エステル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of