Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石黒 成綱(いしぐろ なりつな、生年未詳 - 天正9年(1581年)7月6日)は戦国時代の越中国の武将。礪波郡木舟城主。通称、左近蔵人。諱は他に「成親」とも伝わる。子に成栄。古代豪族礪波臣氏の系譜を引く越中石黒氏の庶流であったが、惣領家を凌ぐ勢威を築いた。天正4年(1576年)の上杉謙信の越中侵攻時は上杉氏に臣従していて、謙信の死後、遺品の太刀を受け取る。その後、上杉景勝にも一時期従うが、ほどなく織田方に寝返り、神保長住に従う。天正9年(1581年)4月、越中一向一揆の中心勢力だった勝興寺を顕幸の留守中に夜襲し焼き討ちした。しかし、その後に上杉軍の吉江宗信に居城木舟城を奪われた。7月、織田信長に上杉方への内通を疑われ、近江国佐和山に出頭を命じられる。成綱主従は長浜まで来たところで信長の命を受けた丹羽長秀の手勢に襲われ、一族郎党諸共粛清された。上杉と織田との間で曖昧な態度をとっていたのは間違いなく、粛清後に落城する木舟城には既に上杉の将・吉江宗信が詰めていた事からもわかる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1659715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58126002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石黒 成綱(いしぐろ なりつな、生年未詳 - 天正9年(1581年)7月6日)は戦国時代の越中国の武将。礪波郡木舟城主。通称、左近蔵人。諱は他に「成親」とも伝わる。子に成栄。古代豪族礪波臣氏の系譜を引く越中石黒氏の庶流であったが、惣領家を凌ぐ勢威を築いた。天正4年(1576年)の上杉謙信の越中侵攻時は上杉氏に臣従していて、謙信の死後、遺品の太刀を受け取る。その後、上杉景勝にも一時期従うが、ほどなく織田方に寝返り、神保長住に従う。天正9年(1581年)4月、越中一向一揆の中心勢力だった勝興寺を顕幸の留守中に夜襲し焼き討ちした。しかし、その後に上杉軍の吉江宗信に居城木舟城を奪われた。7月、織田信長に上杉方への内通を疑われ、近江国佐和山に出頭を命じられる。成綱主従は長浜まで来たところで信長の命を受けた丹羽長秀の手勢に襲われ、一族郎党諸共粛清された。上杉と織田との間で曖昧な態度をとっていたのは間違いなく、粛清後に落城する木舟城には既に上杉の将・吉江宗信が詰めていた事からもわかる。
rdfs:label
  • 石黒成綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of