Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石部(せきぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では112番目に置かれる(5画の18番目、午集の18番目)。「石」字は岩石を意味する。『説文解字』によると、崖を表す厂の下に岩石の象形である口がある形とされる。なお和訓の「いし」は、岩石の中で小さいものをいうが、「石」字はそのように限定されない。また引伸して石刻、医療用の石鍼(砭石)や石薬、戦争用の石つぶて、石製楽器(八音の一つ)などを意味する。また助数詞として使われ、容量の単位としては「斛(コク)」に通じて10斗を表し、重さの単位としては「担(タン)」に通じて120斤(現在の市制で「担」は100斤)を表す。なお助数詞として使われる時の発音は韓国ではそのまま「石(セキ)」の字音が適用されているが、日本では「斛」の字音から「コク」とされ、現代中国では「担」の字音から「タン (dàn)」とされる。偏旁の意符としては岩石、石製品、鉱物(中国語では「礦物」)などに関することを示す。なお、現代中国語では、元素名は全て漢字1字となっており、そのうち常温常圧で固体の非金属元素には「石」を構成要素に持ち石部に属する漢字が当てられている。(碳、硅など。詳細は「元素の中国語名称」の項目を参照。)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1036376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47082886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石部(せきぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では112番目に置かれる(5画の18番目、午集の18番目)。「石」字は岩石を意味する。『説文解字』によると、崖を表す厂の下に岩石の象形である口がある形とされる。なお和訓の「いし」は、岩石の中で小さいものをいうが、「石」字はそのように限定されない。また引伸して石刻、医療用の石鍼(砭石)や石薬、戦争用の石つぶて、石製楽器(八音の一つ)などを意味する。また助数詞として使われ、容量の単位としては「斛(コク)」に通じて10斗を表し、重さの単位としては「担(タン)」に通じて120斤(現在の市制で「担」は100斤)を表す。なお助数詞として使われる時の発音は韓国ではそのまま「石(セキ)」の字音が適用されているが、日本では「斛」の字音から「コク」とされ、現代中国では「担」の字音から「タン (dàn)」とされる。偏旁の意符としては岩石、石製品、鉱物(中国語では「礦物」)などに関することを示す。なお、現代中国語では、元素名は全て漢字1字となっており、そのうち常温常圧で固体の非金属元素には「石」を構成要素に持ち石部に属する漢字が当てられている。(碳、硅など。詳細は「元素の中国語名称」の項目を参照。)
rdfs:label
  • 石部
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of