Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石田 龍次郎(いしだ りゅうじろう、1904年1月4日 - 1979年1月11日)は、日本の地理学者、一橋大学名誉教授。石川県能美郡小松町(現・小松市)で酒類販売商を営む麦谷家に生まれる。14歳で尋常高等小学校の高等科一年を終了し、石川県立小松中学校に入学する。18歳で同校の第四学年を終えると第四高等学校理科に入学し、1924年、21歳の時卒業し、1927年、東京帝国大学理学部地理学科卒。山崎直方、辻村太郎、多田文男等の指導を受ける。1925年に日本地理学会が創立され、その機関誌『地理学評論』が創刊されると、その編集担当となった。そして、書評・学界雑誌・論説などを寄稿する。。1934年、東京商科大学予科教授。戦時中は東南アジアで調査。1949年、一橋大学社会学部教授。1967年、定年退官、名誉教授。晩年は日本地理学史を研究した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2628120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54825419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石田 龍次郎(いしだ りゅうじろう、1904年1月4日 - 1979年1月11日)は、日本の地理学者、一橋大学名誉教授。石川県能美郡小松町(現・小松市)で酒類販売商を営む麦谷家に生まれる。14歳で尋常高等小学校の高等科一年を終了し、石川県立小松中学校に入学する。18歳で同校の第四学年を終えると第四高等学校理科に入学し、1924年、21歳の時卒業し、1927年、東京帝国大学理学部地理学科卒。山崎直方、辻村太郎、多田文男等の指導を受ける。1925年に日本地理学会が創立され、その機関誌『地理学評論』が創刊されると、その編集担当となった。そして、書評・学界雑誌・論説などを寄稿する。。1934年、東京商科大学予科教授。戦時中は東南アジアで調査。1949年、一橋大学社会学部教授。1967年、定年退官、名誉教授。晩年は日本地理学史を研究した。
rdfs:label
  • 石田龍次郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of