Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石油製品(せきゆせいひん)は、石油精製の過程を経て原油(石油)から分留された有益な物質全般をさす。原油の組成と需要に従い、精製所は様々なシェアの石油製品を生み出す事ができる。石油製品で最大のシェアを占めるのは燃料油やガソリンのような多様な等級のエネルギー担体としての用途である。また精製所は同様にその他の化学物質も生産し、そのいくつかはプラスチックやその他の有用な材料を生産するための化学過程(en:Chemical process)で使用される。原油の多くは2、3%の硫黄を含んでいるので脱硫過程で石油製品同様に硫黄を精製する場合もある。残滓として生ずる石油コークス(en:Petroleum coke)に含まれる水素や炭素も石油製品として利用される。精製過程で発生する水素は多くの場合、水素接触分解(接触分解)や脱硫のような他の精製過程に中間生成物として使用される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1125997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47490510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石油製品(せきゆせいひん)は、石油精製の過程を経て原油(石油)から分留された有益な物質全般をさす。原油の組成と需要に従い、精製所は様々なシェアの石油製品を生み出す事ができる。石油製品で最大のシェアを占めるのは燃料油やガソリンのような多様な等級のエネルギー担体としての用途である。また精製所は同様にその他の化学物質も生産し、そのいくつかはプラスチックやその他の有用な材料を生産するための化学過程(en:Chemical process)で使用される。原油の多くは2、3%の硫黄を含んでいるので脱硫過程で石油製品同様に硫黄を精製する場合もある。残滓として生ずる石油コークス(en:Petroleum coke)に含まれる水素や炭素も石油製品として利用される。精製過程で発生する水素は多くの場合、水素接触分解(接触分解)や脱硫のような他の精製過程に中間生成物として使用される。
rdfs:label
  • 石油製品
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of