Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石徹白騒動(いとしろそうどう)とは、江戸時代中期の宝暦年間に、美濃郡上藩(現岐阜県郡上市)が管轄していた越前国大野郡石徹白村(現岐阜県郡上市)で発生した大規模な騒動であり、騒動の中、石徹白の約三分の二にあたる500余名が追放され、70名以上が餓死した。別名、石徹白社人騒動。同時期に郡上藩では郡上一揆が発生している。これらの騒動が重なった結果、幕府評定所が郡上一揆と石徹白騒動の裁判を行うこととなり、郡上藩主・金森頼錦は改易となり、騒動に関与した郡上藩役人らにも死罪を含む厳しい判決が言い渡された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1101399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58440919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石徹白騒動(いとしろそうどう)とは、江戸時代中期の宝暦年間に、美濃郡上藩(現岐阜県郡上市)が管轄していた越前国大野郡石徹白村(現岐阜県郡上市)で発生した大規模な騒動であり、騒動の中、石徹白の約三分の二にあたる500余名が追放され、70名以上が餓死した。別名、石徹白社人騒動。同時期に郡上藩では郡上一揆が発生している。これらの騒動が重なった結果、幕府評定所が郡上一揆と石徹白騒動の裁判を行うこととなり、郡上藩主・金森頼錦は改易となり、騒動に関与した郡上藩役人らにも死罪を含む厳しい判決が言い渡された。
rdfs:label
  • 石徹白騒動
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of