Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 石原 俊(いしはら しゅん、1974年 - )は、日本の社会学者。専攻は社会学。専門領域は歴史社会学、地域社会論、島嶼社会論、現代社会論。近代日本国家に併合され「南島」「南洋」などと呼ばれてきた島嶼社会の人びとが、近代的な諸装置の力に巻き込まれながらどのように生きぬいてきたのかを、歴史社会学的手法により調査・研究している。狭義の研究対象は、小笠原諸島・硫黄島(火山列島)とその関係諸地域。また、海洋労働者や海賊の社会史、島嶼民の移動や越境、離島の開発や自律といった諸問題にも関心をもっている。そのほか、現代日本社会の歴史的な位相をポストコロニアル状況、ポスト冷戦状況といった観点から捉える現代社会批判にも従事しているほか、近年では大学問題にも当事者としてコミットし、日本の「大学改革」の行く末に関して警鐘を鳴らし続けている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1539057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58868048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 石原 俊(いしはら しゅん、1974年 - )は、日本の社会学者。専攻は社会学。専門領域は歴史社会学、地域社会論、島嶼社会論、現代社会論。近代日本国家に併合され「南島」「南洋」などと呼ばれてきた島嶼社会の人びとが、近代的な諸装置の力に巻き込まれながらどのように生きぬいてきたのかを、歴史社会学的手法により調査・研究している。狭義の研究対象は、小笠原諸島・硫黄島(火山列島)とその関係諸地域。また、海洋労働者や海賊の社会史、島嶼民の移動や越境、離島の開発や自律といった諸問題にも関心をもっている。そのほか、現代日本社会の歴史的な位相をポストコロニアル状況、ポスト冷戦状況といった観点から捉える現代社会批判にも従事しているほか、近年では大学問題にも当事者としてコミットし、日本の「大学改革」の行く末に関して警鐘を鳴らし続けている。
rdfs:label
  • 石原俊 (社会学者)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of