Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 短機関銃(たんきかんじゅう)は、拳銃弾を使用し手で保持して射撃する小型の機関銃のことである。サブマシンガン、機関拳銃(きかんけんじゅう)、機関短銃(きかんたんじゅう)とも呼ばれる。英語の「サブマシンガン」(Submachine gun, SMG)は、トンプソン・サブマシンガンの発表時に小型機関銃という意味合いで造語されたものである。ドイツ語ではMP18の発表時に造語された「マシーネンピストーレ」(Maschinenpistole, MP)という語が用いられる。MPを逐語訳すると機関短銃、機関拳銃となるが、逐語英訳であるマシンピストル(Machine Pistol)は、フルオート射撃可能な拳銃を指すことが多い(マシンピストルの項目を参照)。第二次世界大戦頃までのイギリスでは、同種の火器を指してマシンカービン(Machine carbine)という語が使われていた。メーカーや組織によっては、小銃弾を使用する小型のアサルトライフルにも短機関銃を意味する名称・分類を与えることがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 27255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58222576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 短機関銃(たんきかんじゅう)は、拳銃弾を使用し手で保持して射撃する小型の機関銃のことである。サブマシンガン、機関拳銃(きかんけんじゅう)、機関短銃(きかんたんじゅう)とも呼ばれる。英語の「サブマシンガン」(Submachine gun, SMG)は、トンプソン・サブマシンガンの発表時に小型機関銃という意味合いで造語されたものである。ドイツ語ではMP18の発表時に造語された「マシーネンピストーレ」(Maschinenpistole, MP)という語が用いられる。MPを逐語訳すると機関短銃、機関拳銃となるが、逐語英訳であるマシンピストル(Machine Pistol)は、フルオート射撃可能な拳銃を指すことが多い(マシンピストルの項目を参照)。第二次世界大戦頃までのイギリスでは、同種の火器を指してマシンカービン(Machine carbine)という語が使われていた。メーカーや組織によっては、小銃弾を使用する小型のアサルトライフルにも短機関銃を意味する名称・分類を与えることがある。
rdfs:label
  • 短機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of