Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)とは、数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 59519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56690291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
  • --04-29
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --04-29
prop-ja:正確性
  • --04-29
prop-ja:独自研究
  • --04-29
prop-ja:範囲
  • また、刑務所の収監者に対する知能検査で、IQが低い者が著しく多いことが知られている。元議員のジャーナリスト山本譲司は自己の受刑体験から刑務所内に知的障害者が多いことを知り、著書で問題提起をしている。2004年度の新受刑者のIQは、50から119までは10ごとに区分され、他は49以下、120以上、測定不能に区分されて集計されている。このうち最も多いのが80~89で全体の27%を占め、69以下(知的障害者あるいは知的障害の疑いがある人)の合計は全体の22%となる(測定不能はただの検査忌避も含まれそうなので含めず)。一方110~119は1%しかいない。 療育手帳のうちB判定で70%はいるとも考えられてるが、精神障害者保健福祉手帳では3級のほうに多いと思われる。路上生活者では10%以上はいると言われてる。 ただしこれらの検査結果が完全に正確なものであると断言することはできない。知能検査は被検査者と検査担当者のラポール(信頼関係)が確立していることと、検査環境が心理的・生理的に快適であることと、検査時の精神状態が安定していることが正確な結果を出す前提条件である。ところが刑務所に収監されることが確定しているというあらゆる面で不安定な時期の被検査者にとって、実力を完全に発揮することは難しい。ましてや、受刑者と言う立場にいる人間は、その立場に不満を感じていることも考えられるので真面目に知能検査などを受けることをしないと言った抵抗を見せることも充分に起こり得ることであり、通常の環境とは違うと言うことが考えられる。そのため、平常時に検査を行った場合よりも低い結果が出ている可能性も否定できず、この統計は有益なものであるが盲信することは慎むべきである。受刑者の知能指数を調べるのなら、受刑前の数値の方がまだ事実を知る参考になり得る。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)とは、数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。
rdfs:label
  • 知能指数
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of