Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 真里谷城(まりやつじょう/まりがやつじょう)は、現在の千葉県木更津市真里谷にあった日本の城(山城)である。真里谷城址は房総丘陵の山中の周囲の峰々と比較しても高い位置(海抜161m)にあり、現在、木更津市立少年自然の家(キャンプ場)として利用されている。上総武田氏の祖武田信長が築城したとされており、真里谷城と庁南城(長南町)を拠点として上総国一帯に勢力を広げ、真里谷武田氏の政治・軍事的拠点としての役割を果たすが、1590年の小田原征伐の際に廃城となる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 988106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53070708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:arCalled
  • 真地野城
prop-ja:buildY
  • 1456 (xsd:integer)
prop-ja:builders
  • 武田信長
prop-ja:img
  • Image:Mariyatsu-Castle Senjyojiki.JPG
prop-ja:imgCapt
  • 本丸跡「千畳敷」
prop-ja:imgWidth
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 真里谷城
prop-ja:pref
  • 千葉県
prop-ja:rejectY
  • 1590 (xsd:integer)
prop-ja:remains
  • 曲輪、堀切、虎口、土塁
prop-ja:revamp
  • なし
prop-ja:rulers
  • 上総武田氏、真里谷氏
prop-ja:struct
  • 丘城
prop-ja:towerStruct
  • 不明
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 真里谷城(まりやつじょう/まりがやつじょう)は、現在の千葉県木更津市真里谷にあった日本の城(山城)である。真里谷城址は房総丘陵の山中の周囲の峰々と比較しても高い位置(海抜161m)にあり、現在、木更津市立少年自然の家(キャンプ場)として利用されている。上総武田氏の祖武田信長が築城したとされており、真里谷城と庁南城(長南町)を拠点として上総国一帯に勢力を広げ、真里谷武田氏の政治・軍事的拠点としての役割を果たすが、1590年の小田原征伐の際に廃城となる。
rdfs:label
  • 真里谷城
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of