Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 真田 幸良(さなだ ゆきよし、文化11年10月28日(1814年12月9日) - 天保15年2月7日(1844年3月25日))は、信濃国松代藩の嫡子。8代藩主・真田幸貫の長男。正室は柳沢保泰の娘。側室は村上氏(村上チエ)。子は真田幸教(長男)、娘(松平定猷正室)。従五位下、豊後守。幸栄とも名乗る。幸貫が真田家に養子入りする以前に生まれた子供だったため、幕府には祖父・松平定信の末男と届け出た。その後、幸貫が松代藩主となったため、その養嗣子に迎えられた。天保15年(1844年)、家督を相続することなく早世し、長男の幸教が代わって嫡子となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1054059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54062233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 真田 幸良(さなだ ゆきよし、文化11年10月28日(1814年12月9日) - 天保15年2月7日(1844年3月25日))は、信濃国松代藩の嫡子。8代藩主・真田幸貫の長男。正室は柳沢保泰の娘。側室は村上氏(村上チエ)。子は真田幸教(長男)、娘(松平定猷正室)。従五位下、豊後守。幸栄とも名乗る。幸貫が真田家に養子入りする以前に生まれた子供だったため、幕府には祖父・松平定信の末男と届け出た。その後、幸貫が松代藩主となったため、その養嗣子に迎えられた。天保15年(1844年)、家督を相続することなく早世し、長男の幸教が代わって嫡子となった。
rdfs:label
  • 真田幸良
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of