Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 真下 信一(ました しんいち、1906年10月24日 - 1985年2月9日)は日本の哲学者、名古屋大学名誉教授。京都府福知山市生まれ。京都府立一中、第三高等学校から京都帝国大学文学部哲学科に学ぶ。中学の同期には湯川秀樹がいた。三高時代には武田麟太郎と親交を結んだ。大学の同窓には戸坂潤がいた。大学院に進学、1933年の滝川事件のときには院生代表として活動する。院修了後は同志社大学勤務、のち教授。1935年中井正一らと雑誌『世界文化』を創刊、反ファシズムの立場で活動したが、1937年11月治安維持法違反の容疑で検挙された。戦後は、民主主義科学者協会に所属しながら唯物論哲学の立場で発言、名古屋大学助教授、教授。1970年退官後、多摩美術大学学長。日本学術会議会員。青木書店から全5巻の著作集が刊行されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2172418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57078756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 真下 信一(ました しんいち、1906年10月24日 - 1985年2月9日)は日本の哲学者、名古屋大学名誉教授。京都府福知山市生まれ。京都府立一中、第三高等学校から京都帝国大学文学部哲学科に学ぶ。中学の同期には湯川秀樹がいた。三高時代には武田麟太郎と親交を結んだ。大学の同窓には戸坂潤がいた。大学院に進学、1933年の滝川事件のときには院生代表として活動する。院修了後は同志社大学勤務、のち教授。1935年中井正一らと雑誌『世界文化』を創刊、反ファシズムの立場で活動したが、1937年11月治安維持法違反の容疑で検挙された。戦後は、民主主義科学者協会に所属しながら唯物論哲学の立場で発言、名古屋大学助教授、教授。1970年退官後、多摩美術大学学長。日本学術会議会員。青木書店から全5巻の著作集が刊行されている。
rdfs:label
  • 真下信一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of