Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 看護理論(かんごりろん)とは、ナイチンゲール以来の近代看護において、看護、及び看護的な介入とその状況を語るための主要な要素、人間、環境(人的、物的)、健康、看護診断、看護計画、看護行為、看護評価といった看護過程、並びにその看護の本質とそれらをもとに、看護師と患者をつなぐ看護行為、ケア関係のモデルを構築し、今新たに脚光を浴びつつある地域看護、家族看護、健康教育などの新たなケア実践をより適切で効果的なものにしていくための理論的な努力を言う。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 60286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55232829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 看護理論(かんごりろん)とは、ナイチンゲール以来の近代看護において、看護、及び看護的な介入とその状況を語るための主要な要素、人間、環境(人的、物的)、健康、看護診断、看護計画、看護行為、看護評価といった看護過程、並びにその看護の本質とそれらをもとに、看護師と患者をつなぐ看護行為、ケア関係のモデルを構築し、今新たに脚光を浴びつつある地域看護、家族看護、健康教育などの新たなケア実践をより適切で効果的なものにしていくための理論的な努力を言う。
rdfs:label
  • 看護理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of