Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 相馬 師常(そうま もろつね、保延5年(1139年) - 元久2年11月15日(1205年12月26日))は、鎌倉時代の武将。千葉氏の庶流。相馬氏初代当主。千葉常胤の子。師常の子である六郎常家は「矢木」を称し、八郎行常は「戸張」を称した。また、初名は師胤と考えられている。伝承によると、師常は平将門の子孫である信田師国(胤国の子)の養子となり、その遺領を相続したと伝わる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 102279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56044494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 相馬 師常(そうま もろつね、保延5年(1139年) - 元久2年11月15日(1205年12月26日))は、鎌倉時代の武将。千葉氏の庶流。相馬氏初代当主。千葉常胤の子。師常の子である六郎常家は「矢木」を称し、八郎行常は「戸張」を称した。また、初名は師胤と考えられている。伝承によると、師常は平将門の子孫である信田師国(胤国の子)の養子となり、その遺領を相続したと伝わる。
rdfs:label
  • 相馬師常
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of