Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 直仁親王(なおひとしんのう、建武2年(1335年) - 応永5年5月14日(1398年6月2日))は、南北朝時代の持明院統の皇族。花園天皇の皇子で、母は宣光門院正親町実子と伝わるが、実際は光厳天皇の皇子。北朝崇光天皇の皇太弟に立てられたが、正平一統の際に南朝方によって廃太子され吉野へ連れ去られた。花園上皇の御所だった「萩原殿」を相続したことから萩原宮(はぎわらみや)とも通称された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 421324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53738393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 直仁親王(なおひとしんのう、建武2年(1335年) - 応永5年5月14日(1398年6月2日))は、南北朝時代の持明院統の皇族。花園天皇の皇子で、母は宣光門院正親町実子と伝わるが、実際は光厳天皇の皇子。北朝崇光天皇の皇太弟に立てられたが、正平一統の際に南朝方によって廃太子され吉野へ連れ去られた。花園上皇の御所だった「萩原殿」を相続したことから萩原宮(はぎわらみや)とも通称された。
rdfs:label
  • 直仁親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of