Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 直交(ちょっこう、orthogonal)とは、「垂直に交わること」である。もっとも単純にはユークリッド空間内の交わる二つの直線や平面のなす角が直角であることを意味する。たとえば、水平面上に鉛直に直線を下ろせば、この直線と平面は直交する。このことは、直線と曲線または曲線同士、あるいは平面と曲面または曲面同士、もしくは曲線と曲面などの場合にも、交点において曲線の接線(または法線)あるいは曲面の接平面(または法線)などを考えることにより拡張できる。すなわち接線同士(または法線同士)の直交を以って二つの曲線の直交を定義するのである。さらに概念を拡張し、交点における接線、接平面(または法線)を(幾何学的)ベクトルを導入して、交点における接ベクトル(または法ベクトル)の直交性として認識することが可能である。このとき、ユークリッド空間において標準的に定義される内積 · を用いることにより、ベクトル a, b が直交するということを、その内積 a · b が 0 であると言い換えることができる。より一般的には、(ベクトルのなす角という量的な評価を犠牲にするとしても、)内積を持つベクトル空間において直交の概念を拡張させる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59042934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 直交(ちょっこう、orthogonal)とは、「垂直に交わること」である。もっとも単純にはユークリッド空間内の交わる二つの直線や平面のなす角が直角であることを意味する。たとえば、水平面上に鉛直に直線を下ろせば、この直線と平面は直交する。このことは、直線と曲線または曲線同士、あるいは平面と曲面または曲面同士、もしくは曲線と曲面などの場合にも、交点において曲線の接線(または法線)あるいは曲面の接平面(または法線)などを考えることにより拡張できる。すなわち接線同士(または法線同士)の直交を以って二つの曲線の直交を定義するのである。さらに概念を拡張し、交点における接線、接平面(または法線)を(幾何学的)ベクトルを導入して、交点における接ベクトル(または法ベクトル)の直交性として認識することが可能である。このとき、ユークリッド空間において標準的に定義される内積 · を用いることにより、ベクトル a, b が直交するということを、その内積 a · b が 0 であると言い換えることができる。より一般的には、(ベクトルのなす角という量的な評価を犠牲にするとしても、)内積を持つベクトル空間において直交の概念を拡張させる。
rdfs:label
  • 直交
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of