Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 盲妹(まんめい、もうまい)とは、中国の広東に存在したと言われる人為的に視力を奪われた盲目の娼婦である。幼女のうちに目を潰して育てると集中力が増し、踊りや音楽などの芸が上達するといわれる。ただし、盲妹は芸妓や舞妓とは異なり、明確に娼婦の一形態である。目が見えないため、客を選り好みせず、逃げることも出来ないという利点があった。また、盲妹の中には前歯を上下抜かれていた者もいたとされる。これはフェラチオをする際に歯が当たらず、男性に対して大きな快感を与えるためであるとされる。盲妹の存在自体を都市伝説と見る向きもあるが、史実であることを窺わせる話も伝えられており、坂口安吾のエッセイ集『日本文化私観二』には、伝聞としてその存在に関する短い記述がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1785973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47650836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 盲妹(まんめい、もうまい)とは、中国の広東に存在したと言われる人為的に視力を奪われた盲目の娼婦である。幼女のうちに目を潰して育てると集中力が増し、踊りや音楽などの芸が上達するといわれる。ただし、盲妹は芸妓や舞妓とは異なり、明確に娼婦の一形態である。目が見えないため、客を選り好みせず、逃げることも出来ないという利点があった。また、盲妹の中には前歯を上下抜かれていた者もいたとされる。これはフェラチオをする際に歯が当たらず、男性に対して大きな快感を与えるためであるとされる。盲妹の存在自体を都市伝説と見る向きもあるが、史実であることを窺わせる話も伝えられており、坂口安吾のエッセイ集『日本文化私観二』には、伝聞としてその存在に関する短い記述がある。
rdfs:label
  • 盲妹
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of