Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 目刺(目刺し、めざし)は、干物の一種。カタクチイワシやウルメイワシなどのイワシ類の小魚を塩水に漬けた後、目から下あごへ竹串やワラを通して数匹ずつ束ね、乾燥させたもの。通常はそのままではなく、焼いて食べる。また「目刺」は春の季語のひとつでもある。九州、特に大分県や宮崎県においては、しばしば唐人干(とうじんぼし)と呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 79636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58571019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 目刺(目刺し、めざし)は、干物の一種。カタクチイワシやウルメイワシなどのイワシ類の小魚を塩水に漬けた後、目から下あごへ竹串やワラを通して数匹ずつ束ね、乾燥させたもの。通常はそのままではなく、焼いて食べる。また「目刺」は春の季語のひとつでもある。九州、特に大分県や宮崎県においては、しばしば唐人干(とうじんぼし)と呼ばれる。
rdfs:label
  • 目刺
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of