Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 目代(もくだい)とは、日本の平安中期から鎌倉期に、遙任国司が現地に私的な代官派遣した家人などの代理人のことである。眼代(がんだい)とも。転じて本来なら役職上、現地に下向して執務しなければならない人物の代理として派遣された代官などの役人の事を指す。ここでは前記の平安中期から鎌倉期にかけての遙任国司の代理人について記す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 480907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58276698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 目代(もくだい)とは、日本の平安中期から鎌倉期に、遙任国司が現地に私的な代官派遣した家人などの代理人のことである。眼代(がんだい)とも。転じて本来なら役職上、現地に下向して執務しなければならない人物の代理として派遣された代官などの役人の事を指す。ここでは前記の平安中期から鎌倉期にかけての遙任国司の代理人について記す。
rdfs:label
  • 目代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of